有田焼窯元 民芸食器 大日窯

日本で初めての白の焼き物である有田焼は1616年、朝鮮から渡来した陶工集団の長であった李三平によって焼成されました。 焼物の原料も時代の流れとともに産出されないものも出ていますが、大日窯は出来るだけ昔の良い肌を生かし、新しい焼物を作ってゆくよう努力しています。

404 Not Found

TOP >>お探しのページはございません。

ページが見つかりません。

お探しのページは一時的にアクセスできないか、URLが間違っている、
もしくは、リニューアルによってファイルが削除もしくは移動した可能性があります。

お手数ですがトップページか左側ナビゲーションボタンよりお探し下さい。

5秒後にトップページに移動します。

Pagetopへ