有田焼窯元 民芸食器 大日窯

日本で初めての白の焼き物である有田焼は1616年、朝鮮から渡来した陶工集団の長であった李三平によって焼成されました。 焼物の原料も時代の流れとともに産出されないものも出ていますが、大日窯は出来るだけ昔の良い肌を生かし、新しい焼物を作ってゆくよう努力しています。

大日窯のうつわづくり

TOP >>大日窯のうつわづくり

素朴な形と温かくシンプルな絵柄を中心に、自家製呉須・赤絵・釉薬を使い製作

  • 素朴な形と温かくシンプルな絵柄を中心に、自家製呉須・赤絵・釉薬を使い製作

    天然ものを使用

    初期伊万里をベースとし、素朴な形と温かくシンプルな絵柄を中心に、自家製呉須・赤絵・釉薬を使い製作しております。
    大日窯は先代からの天然物を基本として使用しておりますので作品の中には 釉薬・呉須の色むらなどもありますが、それもまた大日窯のこだわりの一つです。
  • 絵の具のこだわり

    絵の具のこだわり

    焼き物の絵付けに用いる絵の具(染付け用ゴスと赤絵)は山から原料を採集した物を当窯で自家製しておりますので、
    市販してある呉須よりも成分が安定しにくい分、書きにくく呉須の色むらやハゲやすいので非常にあつかいにくいです。
  • 素朴な形と温かくシンプルな絵柄を中心に、自家製呉須・赤絵・釉薬を使い製作

    絵付けはすべて手描き

    素焼きに下書きをせず、筆の動きを出しながら一気に 書き上げていきます。 そのため作品のすべてが手書きです。
  • 絵の具のこだわり

    釉薬のこだわり

    素焼き・下絵付けの後に釉薬を施釉いたします。
    この釉薬も大日窯先代の調合で、長石を始め大日窯の釉石・天然灰など数種類を調合した自家製釉薬を使用いたしております。
    他の有田焼ほど真っ白ではありませんがやわらかな白い釉肌が特徴です。

大日窯作品紹介

大日窯で主に以下の4シリーズを制作しております。
  • 大日窯オリジナルシリーズ

    オリジナルシリーズ

    大日窯創業50年以上変わらない絵柄と器で現在も作り続けている大日窯を代表する作品です。

  • 大日窯泉山シリーズ

    泉山シリーズ

    1616年有田焼の原点である有田町の泉山陶土を使用した呉須、釉薬すべて初期伊万里の原料にこだわりました。

  • 大日窯てつじシリーズ

    こてつシリーズ

    現在の有田焼の白い陶土ではなく、少し青み少量の鉄粉が含まれた古風ながら柔らかい仕上がりの作品です。

  • 大日窯干支鈴シリーズ

    干支鈴シリーズ

    30年以上続く干支の陶鈴(磁器)です。毎年、形を新たに絵付け(上絵)、白磁を制作しております。

Pagetopへ